朝焼けの中を雲が流れる

c0032494_8344131.jpg







I become 1000×660 pixels images in a click and become the image without the dirt








ISO:200 Av:f8.0 Tv:10.00s -1.3EV 35.00mm RAW



午前3時にアラームが鳴り山小屋の部屋で目覚める。
相部屋なので他の宿泊客に迷惑にならないようにそっと部屋を出た。
あらかじめ用意してあった機材入りのザックをそっと背負い外に出た。
まだ夜が明けきらぬ初夏の朝、山荘の裏手の山に息を切らせながら登る。
標高は2400m、思ったより風も無く寒さは感じない。
東の空が焼け始めてきている。
悪天候を予測していただけに、この朝焼けの気配は幸運としか言いようが無い。

西穂高岳を雲が流れていく。
虹のように架かる雲が朝陽に染められていく。

心の底から来て良かったと思えるひと時である。






c0032494_835351.jpg

ISO:200 Av:f5.0 Tv:4.00s -0.3EV 16.00mm  RAW

1D MarkⅢ  SLIK Tripod
EF16-35mm F2.8L Ⅱ
Development by Digital Photo Professional 3.8
2010.06.13  03:50頃

by ranali2 | 2010-06-20 08:44 | MOUNTAIN

<< 染まる傘ヶ岳 西穂の朝 >>