月夜

c0032494_20175294.jpg







I become 1000×660 pixels images in a click and become the image without the dirt








ISO:4000 Av:f3.5 Tv:1.00s 0.0EV 28.00mm RAW



夏の早朝2時、それまで上空を覆っていた雲が途切れ、空には煌々と月が輝く。
あまりの月明かりに星はほとんど見えない。

七つ池までの道のりを歩くには月明かりだけで充分。
池の畔にたちカメラをセットし長時間露光のシャッターを切る。

少し肌寒いが気持ちよい。
コーヒーを淹れ、ひとり佇む無音の空間に至福のときを感じる。

感じるのは己の鼓動のみ。

親を想い、友を想う。

ゆっくりと時間が経過していく。



余談ではあるが、中国出張に行き、この台風で帰りの飛行機が欠航になり二日間足止めを強いられ、挙句の果てに本日のフライト予定の便が故障で飛ばなくて帰国できなかった相方が、別便でやっと成田空港に到着したとこの記事の書き込み中に電話があった。
長い人生、こんなトラブルもあるかと日本にいる私は思うが、本人は一刻も早く帰国したい思いが強かったようで、足止めを食らった時間のストレスは相当なもののようである。

まあ、無事に帰国できて何よりであった。






c0032494_20233534.jpg

ISO:400 Av:f8.0 Tv:10.00s 0.0EV 28.00mm RAW

5D MarkⅡ  SLIK Tripod
EF28-300mm F3.5-5.6L IS
Development by Digital Photo Professional 3.10.2

by ranali2 | 2011-09-04 20:44 | NIGHT TIME

<< 月明かりに彩られて 朝焼けの飛行機雲 >>